買い取ってもらえるピアノとそうでないピアノの違い

ピアノの買取をする際には、買い取ってもらえる物とそうでない物に違いがあることを知っておくと便利です。例えば、小さな傷がついていたり、多少古くなった程度の物であれば買取は可能です。中には、調律されていないといった理由やペダルが利かない、故障しているから、といった理由で買取を拒否されることもありますが、ほとんどの業者では修理の出来るピアノであれば買い取ってもらえると言えます。一方で、買取が出来ないピアノにもさまざまな物があります。

nekasi

例えば、ボディの内部にまで亀裂が入ってしまった物や、蓋や天屋根が著しく破損している、もしくは無くなっている物、火事などに遭って高熱や水浸しになってしまった物、鉄骨の部分に損壊がある場合などには買い取ってもらうことが難しくなります。これらは修理が不可能な物ばかりであり、修理してももう使えなくなってしまう、修理出来たとしても費用や手間が掛かりすぎる物は買取出来なくなると言えます。

ほかにも、電子部品を扱っている自動演奏機能がついたピアノは買取出来ない業者もあるので、注意が必要です。このように、細かい買取の基準などは業者によって異なるため、事前にどんなピアノであれば取り扱ってもらえるのかを調べておくことが重要です。

出来るだけ高く買い取ってもらうためには、綺麗で保管の状態が良い物の方が良いので、普段から丁寧に扱っておくことが大切です。また、製造番号や品番などもきちんとチェックし、ペダルや音、外観などもきちんと自分の目でチェックしておくようにしましょう。ピアノの買取をしてもらうのであれば専門業者を利用するのが一番ですが、価格は関係なしにとにかく引き取ってもらいたい、という場合には回収業者やリサイクルショップなどを利用するのも一つの手です。

ただ、買い取ってもらえるかはやはりピアノの状態や業者の査定、判断にもよるので、一度相談や問い合わせをしてみるのも良いと言えます。

piinn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>